イソフラボン

イソフラボンは、排卵を促す女性ホルモンであるエストロゲンのような作用があることから、植物エストロゲンとも呼ばれています。
このホルモン作用を利用して、多くの化粧下地用の製品の成分に配合されています。


まず注目すべき点は、コラーゲンの生成を助ける働きがあることです。
コラーゲンは真皮に多く存在していて、肌のハリや艶を維持していますが、年齢と共に自ら作り出せるコラーゲンの量は減少していきます。
そこで、イソフラボンが今一度コラーゲンの生成を手助けすることによって、出来る限り肌の弾力性を保つように促します。
真皮という深い部分にまで行き渡ることができますので、アンチエイジング用の化粧下地として注目されています。


また、抑毛の効果があります。
イソフラボン配合の化粧品は、男性ホルモンを抑制し女性ホルモンを優位に立たせることで、ムダ毛が生えてくるのを抑える効果があります。
この抑毛効果は、美容面での注目度が高い理由になっています。
特に多くの配合をおこなっているのがローションをはじめとする化粧下地用の製品になります。
洗顔によって落とされた脂分を補給し、肌の乾燥が始まるのを防ぐ働きをします。
肌を覆っていた汚れや不要となった皮脂などが洗顔によって落とされているので、化粧下地に配合されている美容成分は素早く肌の奥にまで届き渡ります。
下地がしっかりと潤っている分、そのあとの化粧そのものがのりやすく長続きしてくれます。
その他に保湿の効果にも優れており、肌にしっとりとした潤いを与えます。

美肌は正しい毛穴ケアから!毛穴ケア研究室〜正しいケアで美肌を目指す!